我が家の赤ちゃんの便秘解消法

我が家には4人の子供がいまして、そのうち1人の女の子が便秘でした。

32週で生まれたこともあり、1ヶ月は病院に入院していたのですが、入院中は2日から3日おきにイチヂク浣腸をしていました。

退院してからも出ないときは浣腸をしていましたが、赤ちゃんの摂取するものから変えてみようと思い、粉ミルクと混合だったので、ほとんどの種類の粉ミルクを試してみました。

うちの子がいちばんあったのは森永の「Eあかちゃん」、次が和光堂の「はいはい」でしたね。

本当に全然違いましたよ。

この2つの時はほとんどイチヂク浣腸を使わなくてすみました。

コスパ的には「はいはい」が非常にありがたかったです。

離乳食が始まってからまた少し便秘気味になって、「オリゴのおかげ」というオリゴ糖をヨーグルトやお湯に混ぜたりして飲ませたり、プルーンエキスとバナナと小松菜のスムージーをスプーンで食べさせてみたりと工夫してみました。

それでも汗をかく夏場は水分をとらせても便秘気味になったりしたのでオリーブオイルを綿棒につけて綿棒浣腸をしていました。

泣き叫ぶので最初は心がひけますが、うんちをだしきると子供もすっきりしている様子でした。

現在娘も2歳ですが以前よりは便秘が減りましたね。

それでもたまに顔を真っ赤にしてきばっているのにうんちが出ないときはやっぱり肛門に硬い石みたいなものがつまっているので、肛門を刺激してやることもあります。

肛門刺激も月に1回あるかないかなので、あの頃の便秘に悩んだ日々は今となっては懐かしい気がします。

妊娠中 便秘 解消

コメントを残す